6歳以上の猫のほとんどは腎機能が低下すると言われており、腎臓病、特に慢性腎不全は猫にとって一番多い病気です。腎臓病にかからないためには毎日の食事管理が重要!モグニャンキャットフードには、猫の腎不全が治ったとの口コミや評価が!ここでは、モグニャンキャットフードは腎不全でもいいのか、口コミや評価についてまとめました。

腎不全になるのはどうして?

腎臓という器官は、「ネフロン」といわれる組織が集合したものです。

ネフロンは、血液の中の老廃物だけをろ過し、体の中にきれいな血液を戻しています

このネフロンの老廃物をろ過する能力が少しずつ低下し、正常に機能する部分が20%ほどになると、慢性腎不全を発症します。

ろ過する力が落ちて血中に老廃物が残るため、様々な体調不良の原因になってしまうのです。

残念なことに、一度壊れた腎臓の機能は、再び戻ることは絶対にありません

腎臓が悪くなると、次のような症状になります。

腎臓機能が低下すると、体が老廃物を出そうとするため、オシッコの回数が増えてきます。

体内の水分量も減ってきますので、水を飲む回数や飲む水の量が異常に増えてきます。

猫はもともと水をあまり飲まない動物です。

健康な猫の場合、1回のオシッコを濃縮して出すため、色は濃くなります。

しかし、腎臓機能が低下して老廃物のろ過の能力が落ちると、体外に出す老廃物の量も減り、オシッコの色は薄くなります。

オシッコの濃度が薄くなるため、オシッコの臭いもしなくなります。

血液中には老廃物が残るようになり、その結果老廃物は吐いて体外へ出そうとするようになります。

もし、泡のようなものを吐くようになったら注意しましょう。

腎臓機能の低下に気づかないでいると、老廃物から出る尿毒素が体中に回って尿毒症を発症し、死に至ることになります。

腎臓病予防におすすめのフードはこれ!

腎臓病を予防するための愛猫の食事は、血液を汚さない食事が重要です。

具体的に言えば、タンパク質・塩分が控えめで、ミールや動物性油脂を含まず、オメガ3脂肪酸を充分含んだキャットフードということになります。

そこでおすすめなキャットフードが、「モグニャンキャットフード」です。

モグニャンのタンパク質の成分表示は30%、これは、AAFCO(全米飼料検査官協会)の基準での最小値です。

もちろん、モグニャンはミールや動物性油脂を使用しておらず、代わりに白身魚をたっぷり使っています。

質が悪い肉を使用していないので、酸化防止剤のような化学物質を使用する必要はなく、人口添加物は一切使用されていません。

ただ、フード自体の傷みや腐りを防ぐため、ビタミンEから作られた天然の酸化防止剤が使用されています。

発がん性はなく、腎臓への負担もかかりません。

また、モグニャンはナトリウムなどのミネラルが控えめなので、腎臓病予防に向いたフードです。

さらに、モグニャンにはオメガ3脂肪酸の元となる、サーモンオイルやセイヨウタンポポが配合されています。

モグニャンで愛猫の腎不全が治る?

モグニャンに関する口コミや評価を見てみると、「モグニャンが腎不全に効く」といった書き込みを見つけることがあります。

しかし、残念なことに一度腎不全と診断された愛猫が、完治して再び健康になることは絶対にありません

モグニャンが愛猫の薬の役割をして腎不全を完治させるなんてことは、100%ありえないのです。

モグニャンは、猫の体調を良い状態に保ち、病気になりにくい体を作るもの、あくまでモグニャンは腎臓病予防のためのキャットフードです。

愛猫が腎不全になってしまった場合、獣医師と相談しながら食事改善や投薬を続け、病気の進行を遅らせてお別れを迎える日をなるべく延ばすという努力をしていきます。

動物病院は、保険が効かず費用も高いため、ネットや口コミからの情報を信用してしまいがちなのですが、そういった情報が必ずしも正しいとは限りません。

愛猫と長く一緒に楽しく生活するためにも、愛猫のオシッコが極端に薄い色をしていたり量が多いと感じたら、すぐに獣医師へ相談しましょう。